大きな鏡 近づくと映像 「旭硝子、IoTで成長探る」 2015_10_05 日経産業新聞

大きな鏡 近づくと映像
「旭硝子、IoTで成長探る」

 

20151005_日経産業新聞_13

大京が川崎市で開発するマンション「ライオンズ宮前平ヒルズ」のモデルルーム。壁に大型の鏡が取り付
けられている。1.6Mの距離に近づくと突然、青空の映像が浮かび上がってきた。
鏡に向かって手を左から石ヘ動かすと、スマートフォンのような感覚で鏡に触れることなく次の映像を選
選択できる。旭硝子が開発した「インフォベールミラー」という製品だ。鏡の裏側にディスプレーが張り付けられている。人が近づくとセンサーが反応し、ディスプレーの電源が入り、画像が映し出される。センサーを使った制御システムは日本ユニシスが開発した。
旭硝子がシステム会社と本格的に商品開発するのは初めてだ。
実用化の時期は未定だが、空港や商業施設の化粧室などでの利用を検討しているという。
旭硝子が取り組んできたガラスの高機能化はこれまで断熱性や遮熱性を高める動きが中心で、ガラスメーカーの枠組みにとどまっていた。
しかし建築用ガラスの圏内市場は縮小が避けられない。インフォベールミラーはガラスという素材をあらゆるモノをネットでつなぐIoTと組み合わせ、新しいビジネスの種を探す取り組みだ。
ただ「実生活での具体的な使い方は、まだ落とし込めていない」(旭硝子)。
独自性の高い技術も、そこに消費者回線がなければ普及は難しい。使い手の利便性を追求することが求められそうだ。
(社師康佑)

2015_10_05_日経産業新聞 転載

残留農薬を遠隔で分析 「環境管理センター」全農山形から受託 2015_10_05 日経産業新聞

残留農薬を遠隔で分析
「環境管理センター」全農山形から受託

20151005_日経産業新聞_11

環境分析受託の環境管理センターは農作物の残留農薬を
遠隔分析するサービスを始めた。
第1弾としてJA全農山形から受託した。
山形県内のJA拠点で作業員が検体を検査装置に投入すると、東京都内にある同社の検査施設で遠隔分析する。
現地で分析するよりコストは3割安い。
大気汚染など環境分析技術を応用し、農業向けビジネスを新たな収益源に育てる。
全農山形内の農作物検査室を借り受けて遠隔分析を始めた。サクランボやニラなど地元で取れた農作物からサンプル抽出した約3000検体を年間通じて検査する。
検査室には環境管理センターが現地で雇用した従業員3人が勤務。検体を検査装置に出し入れしたりする。
装置の分析はインターネットで東京都八王子市にある同社の分析センターで解析し、基準値を超える農薬が残っていないかを確かめる。

2015_10_05_日経産業新聞_転載

IoTサービスで連携 LINEとインテル まず自販機 2015_10_05 日経産業新聞

IoTサービスで連携
LINEとインテル まず自販機

20151005_日経産業新聞_3

無料対話アプリのLINE(東京・渋谷)と米インテルは2日、すべてのモノがネットにつながるIoT関連サービスの開発で連携すると発表した。 対話アプリの利用者が電子看板や情報家電からメッセージを受け取れるシステムを開発する。まずキリンピパレッジ子会社の自動販売機に導入する。
LINEの利用シーンを広げ、収益力を底上げする。
インテル製のCPU(中央演算処理装置)を様々な機器に組み込んでネットと接続し、消費者のスマートフォン(スマホ)と情報をやり取りできるようにする。企業は機器を通じて、商品情報などの広告を送れる。
キリンピパ子会社は同システムを採用した自販機を年内に全国で数十台設置。消費者が飲料を購入したら、内蔵カメラで
記念撮影できるサービスを提供する。写真は購入者のスマホに送信する。写真を受け取ヲた人には継続的に商品情報などを送り、マーケティングに活用する。(村松洋兵)

日経産業新聞 2015_10_05 転載

 

保育施設も人手も不足 洗剤需要に悩む自治体 2015_10_04_西日本新聞 (読み解く)

保育施設も人手も不足
洗剤需要に悩む自治体 2015_10_04_西日本新聞 (読み解く)

s-20151004_西日本新聞

認可保育所などの待機児童(4月時点)が5年ぶりに増加し、約2万3千人に上った。政府は施設整備を急ピッチで進めるが、潜在的な需要は数十万人とも一言われ、「いたちごっこ」の様相を見せる。保育の人手不足も加わり、自治体の悩みは深い。

「次は何の曲かな」保育士のかけ声に、子どもたちが耳を澄ます。浜松市の住宅街にある「みんな
おいで」。平屋を活用したアットホlムな空間に0~2歳児が10人。国の「子ども・子育て支援新制度」で認可
された小規模保育事業だ。保育時聞は午前7時から午後7時(延長を含む)。
3人だった保育土は5人になり、秋田美雪園長は「これまでは人件費を払うのがやっと。子ども1人当たりの運営費が15倍超に増え、設備の充実にも目を向けられるようになった」と話す。
国は新制度で、地域の実情に合わせた多様な保育サービスを展開。待機児童が
集中する0~2歳児向げの小規模保育事業もその一つだ。
浜松市は保育所などの定員を昨年から1700人分増やした。しかし待機児童も犯人増えて407人に。
担当者は「新制度への期待感や保育所新設の情報が新たなニーズを喚起している」と説明する。. さいたま市は2013年度から、相談役の「保育コンシェルジュ」を各区役所に配置。
保護者から働き方や通勤経路を聞き取り、幼稚園の預かり保育なども選択肢として示すことで、今年の待機児童を前年よりお人減らした。
だが施設整備が追い付かない治体もある。待機児童数(1182人)が3年連続で全国最多の東京都世田谷区。
9月上旬、育児休業中の母親らが参加した座談会で、区の担当課長が保育所整備の見通しを説明した。
区は空き地物件のオーナーに保育所への活用促すビラを用意。東京都外の社会福祉法人などにも経営参加を呼びかける。
課長が示した地図には、29か所の整備計画を掲載。定員は計2400人を見込むが、開設予定時期は「調整中」が目立つ。物件の審査屋事業者の公募に時間がかかるほか、子どもの送迎による交通量の増加や騒音を懸念した住人からの反対の声が上がることもある。
来春に娘を保育所に預けたいと考えている母親(30)は「区も頑張っていることは分かったが、予想以上に厳しそう」とため息。
――――
自治体は当初の計画を上回るペースで保育の受け皿整備を進めているが、「車の両輪」となる保育士確保が懸案となっている。17年度末までに約6万9千人が新たに必要とされるからだ。
女性活躍の機運が高まり、保育所などの利用申し込みは昨年から13万人増えた。「予想外の伸びだった」(厚生労働省幹部)。今年1~6月生まれの子どもは昨年同期と比べ約1万2千人多く、来春にはこうした傾向が加速しそうだ。
東レ経営研究所の渥美由喜主任コンサルタントは「保育の需要が増えるのは喜ぶべきことで見通し甘かった部分は修正すればいい。これを機に数十万人と言われる潜在的なニーズにも目を向け、供給体制を整えるべきだ」とはなしている。

2015_10_04_西日本新聞 (読み解く)転載

小規模事業者持続化補助金セミナー

『小規模事業者持続化補助金』セミナーを7月14日に開催しました。
”小規模事業者持続化補助金”についての概要はこちらををご覧ください。
セミナー画像

◆小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者(注1)が、商工会議所・商工会の助言などを受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円(注2、注3)。

 

(注1)小規模事業者とは、『製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社及び個人事業主)』であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。
(注2)補助対象経費75万の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3の40万円が補助対象となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には2/3は60万円となりますが、補助する金額は補助上限である50万円となります。
(注3)以下の場合は、補助上限が100万円に引き上がります。
①雇用を増加させる取組み
②従業員の処遇改善に取り組む事業者
③買い物弱者対策の取り組み
(注4)原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数によります)

盛夏マルシェ(inびぷれす広場)7.31(fri)

地域特産品やグルメの販売

びぷれす広場

盛夏マルシェ出展(inびぷれす広場)のご案内
本事業は、熊本県最大の通行量をほこる、『上通り』『下通り』の中心に位置する『びぷれす広場』において、
中小・小規模事業者が製造した隠れた魅力ある商品をより多くの消費者に紹介、販売することを目的とした物産展です。
※初出展の企業様!積極的なご参加をお待ちしております。
詳しくは出展案内【7.31】ご覧ください!

盛夏マルシェ(inびぷれす広場)7.15(wed)

地域特産品やグルメの販売

びぷれす広場

盛夏マルシェ出展(inびぷれす広場)のご案内
本事業は、熊本県最大の通行量をほこる、『上通り』『下通り』の中心に位置する『びぷれす広場』において、
中小・小規模事業者が製造した隠れた魅力ある商品をより多くの消費者に紹介、販売することを目的とした物産展です。
※初出展の企業様!積極的なご参加をお待ちしております。
詳しくは出展案内【7.15】ご覧ください!