小規模事業者持続化補助金セミナー

『小規模事業者持続化補助金』セミナーを7月14日に開催しました。
”小規模事業者持続化補助金”についての概要はこちらををご覧ください。
セミナー画像

◆小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者(注1)が、商工会議所・商工会の助言などを受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円(注2、注3)。

 

(注1)小規模事業者とは、『製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社及び個人事業主)』であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。
(注2)補助対象経費75万の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3の40万円が補助対象となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には2/3は60万円となりますが、補助する金額は補助上限である50万円となります。
(注3)以下の場合は、補助上限が100万円に引き上がります。
①雇用を増加させる取組み
②従業員の処遇改善に取り組む事業者
③買い物弱者対策の取り組み
(注4)原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数によります)